料理家 本田よう一 氏

料理家 本田よう一氏
ももれーど

テレビ、雑誌やイベントなどでご活躍されている料理家 本田よう一さんに福島の桃あかつきの「ももれーど」を使ったメニュー提案をしていただきました。
とてもおしゃれな2品をご紹介いたします。

生ハムとモッツァレラチーズのサラダ ももれーどドレッシング

生ハムとモッツァレラチーズのサラダ

「ももれーど」は果肉が大きいので、サラダのドレッシングにしても存在感があり、
淡いピンク色が可愛らしさも演出してくれます。
生ハムとモッツァレラチーズのサラダがより、華やかに仕上がりました。(本田よう一氏)

<材料>(2人前)

生ハム

3枚(30g)

モッツァレラチーズ

1個(100g)

【A】

ももれーど

大さじ3

オリーブ油

大さじ1

レモン果汁

大さじ1/2

小さじ1/4

こしょう

少々

みじん切りの
イタリアンパセリ


適量

<作り方>

  • 1.Aを混ぜ合わせておく。
  • 2.器にチーズを手でちぎり乗せて、ハムも手でちぎり盛り付ける。
    1をかけて、パセリを散らす。
    お好みでオリーブ油、「ももれーど」をかけて出来あがり。

手羽元のももれーど煮込み

手羽元のももれーど煮込み

チキンソテーやポークソテーのソースにも使えますが今回は煮込みに。鶏肉を「ももれーど」入りのマリネ液に漬け込むことでしっとりジューシーに仕上がります。
仕上げはやっぱり、果肉を乗せて、甘辛い味付けにワインも進んでしまいそうです。
(本田よう一氏)

<材料>(2〜4人前)

手羽元

10本

【A】

ももれーど

大さじ5

白ワイン

大さじ3

小さじ1/2

こしょう

少々

ローリエ

1枚

1カップ

しょうゆ

大さじ1/2

クレソン

適量

<作り方>(調理時間25分)

  • 1.手羽元の骨に沿って、2~3か所切り込みを入れる。
    ビニール袋に手羽元とAを入れて、
    10分ほどなじませる。
  • 2.フライパンに1と水を入れて、時折返しながら、10分ほど煮る。
    汁けがなくなってきたら、しょうゆを加えて、香ばしい香りがするまで炒り煮にする。
  • 3.器に盛り付けて、クレソンを添える。
    お好みで「ももれーど」を適量かける。

福島の桃あかつき「ももれーど」を使ってみて

瓶を開けると最初に感じるのは、ふんわりと香る優しい桃。
可愛らしい色合いとパッケージからは想像できないコンポートになったたっぷりの果肉が贅沢な気持ちにさせてくれます。酸味は少し強めになっていることで、ももの甘みを引き立てていますね。

朝食のトーストは少し焦げ目がつくくらいカリッと焼いて、冷たいバターと「ももれーど」。ここに酸味の柔らかいコーヒーが来れば、最高の朝のスタート。バターは少し溶けかけくらいで口に含ませて溶かし、ゴロッとした桃の果肉がバターの塩気とよく合います。
ヨーグルトにたっぷり入れたら、嬉しいデザートに。

「ももれーど」があるといつもの朝食、サラダなどがワンランクアップして気持ちもとても晴れやかです。ぜひ、一度お味見をしてみてください。きっと気に入ってもらえると思います。

料理家 本田よう一

料理家 本田よう一

料理家 本田よう一 氏

1983年生まれ福島県泉崎村出身。
高校を卒業した後、栄養士の専門学校に進み、栄養士の免許を取得。
卒業後は独学で、料理写真を学び、フリーカメラマンに。
2006年からは料理家として仕事を開始。
野菜をたっぷり使い、素材の味を活かしたレシピを得意とし、
家族みんなで楽しめる味付けに定評がある。
現在は料理家として食べてくれる人にやさしく。

http://youichi-honda.com

お問い合わせ

受託加工についてのご質問やお問い合わせ、
試作、お見積り希望がございましたら
お気軽にお問い合わせください。
お電話、FAX、メールどちらでも対応可能です。
●植物工場での受託栽培はありません

本社・工場

TEL.0248-29-8491 FAX.0248-29-8492

東京営業所

会社外観

ページ最上部へ